主人の長年の友人の方が分かっていたこと。

私の主人は見た目は穏やかそうなのですが、芯はしっかりとしていて頑固者。さらにB型なので、マイペースで自分の興味のある・ないははっきりとしています。主人とは3年近く付き合って結婚したのですが、お互いさまなのですが結婚前と結婚直後、さらに子供が生まれた後など年数を重ねるごとにどんどんと知らなかった顔が見えてきます。
そんな主人ですが、マイホームを建てる時に自分から「草刈りするから庭に芝生を植えよう」と言い始めたのです。狭い庭ですが、一応芝生を敷き詰めました。お手入れも少ないものを選び、数年間は定期的に草刈りをしていました。それにウッドデッキも塗り替えが必要ですが、木の風合いが好きだったので木にしたのです。ところが、年を追うごとに草刈りも塗り替えも時間が空くようになりあまりお手入れもしていない状態。
その事を主人の友人に話すと「○○くんがするわけないよ」と笑いながら言われたのです。私は気づきませんでしたが、長年の友人は主人のズボラな性格を分かっていたようでした。もっと早く知っていれば芝生も木のウッドデッキも考え直したのになと思ってしまいました。